ホームページ制作トレンド記事

ホームページリニューアル検討されるときにチェック

特に以下の様な失敗例があるかたはしっかりとした構成を検討しましょう。

このような課題をお持ちではありませんか?
  • 全く問い合わせがない
  • 社内、社外から評判がいまいち
  • 制作してからほとんど情報に関して更新をしていない
  • SEO対策、情報更新と費用をかけたが効果が見られない

1.ターゲットユーザーの目線でニーズに合った内容、情報が掲載されているか。

せっかくSEO対策の効果があらわれて検索エンジンで上位表示してもユーザーの目的が達成しないと直帰、または問い合わせをおこなう前に途中で離脱してしまいます。

まずは、デザイン面の再構成を考える。見やすく、わかりやすく、好印象(信頼感)があるデザインであることはもちろん、問い合わせ、資料請求などの導線をしっかりと構築

2.せっかくデザインがキレイでコンテンツが充実したホームページができても・・・

誰も見に来てくれないと何にもなりません。
キーワード選定をしっかりおこないSEO対策を見直しましょう。

必要なことは、今日からでも日々のアクセス解析をしっかりおこない、売上、集客に繋がるキーワードを選定することです。

 MCSのサービス
 GoogleAnalyticsレポート作成サービス
 SEO対策サービス

3.トップページのファーストビュー部分は非常に大切です

ホームページに訪れた方は平均として3秒で目的にあったホームページか判断するようです。

サービス、製品とユーザーの興味・目的がぴったりと一致するキャッチコピーがファーストビューで必要です。インパクトのある魅力的なキャッチコピーを見つけユーザーに興味、共感を得ましょう。

ーーーーーーーーーーもちろん、弊社にご相談いただけましたら診断。提案をいたします

ホームページ運営する上でおこないたいのは、「目標を定める」

目的があれば、それに対して具体的な結果も考えることができます。

目標イメージ

ECサイトなどであれば、売上などの数字が自ずと関連してくるため、結果を意識しやすいのですが、BtoBサイトなどでは、如何にブランディングするかを目的に考えている場合、きちんとした目標がないまま運用を進めてしまうとなにがゴールかを見失いがちになります。

もちろん、SEI対策をおこない検索エンジンで該当キーワードで上位表示することが目標ではないと言うことはご理解いただけるかと思います。

具体的な目標はお持ちでしょうか。
目標は数字にすることが良いです。

売上、問い合わせ件数、見積依頼件数など営業的な数字またはアクセス解析でわかる数字が、管理取得しやすく良いと考えられます。

※目標を設定する上で、当然ですがホームページでの目的は明確にする。

  • 製品・サービスの詳細を掲載と売上アップ
  • 既存お客様へのサポート
  • 見込み客からの問い合わせ窓口
目標設定例
  1. 訪問者数
  2. 平均PV
  3. 新規訪問率
  4. 特定コンテンツの訪問者数
  5. リピート訪問率
  6. 直帰率
  7. お問い合わせ件数

*これらは、弊社サービス GoogleAnalyticsレポートサービスを活用していただくことで作業の効率化が図れます。


このページの先頭へ