かんたん更新ツール(TryCMS)

CMSを導入する場合、なにを導入して良いか分からない
(WordPress(ワードプレス)と商用オリジナルCMSのどちらが良いのか)

ホームページ更新担当者の皆様へ

「時間もコストもかけずにホームページを更新したい」
「ホームページでの集客が出来ていない」と悩んでいる方必見!

国内外で沢山の「ホームページ更新システム」商用オリジナルCMSが開発されています。WordPressのCMSとどんな違いがあるのか比較してみましょう。

導入面での比較

既にホームページをお持ちでCMSを導入する場合

WordPress

WordPress とはオープンソースのBlog型CMSです。

新しい機能の追加などカスタマイズは自由に出来ますが、オープンソースなのでメーカー保証がありません。
(企業での商用利用を想定として開発されていない)

WordPressプログラムで管理しますので全面リニューアルが必要になります。

デザイン面で制約があります。仮にオリジナルのデザインで対応する場合は、高度なプログラムの知識が必要になります。

商用CMS

弊社のTry CMSは既存のホームページに後から導入できます。
しかもたったの2営業日で導入可能です。
デザイン面には制約がなく、デザイナーが作成したまま導入が可能です。

  • Webサイトの一部分の更新が可能(拡張機能を導入することで全ての更新も可能)
  • 技術的な知識は全く不要でレンタルサーバーへのインストールも簡単。
  • データベース不要なのでどこにでも導入可能。
  • アップデートも弊社サーバーに接続して対応。
  • デザインに左右されず、自由に設計できます。

運用面での比較

WordPress

オープンソースなので頻繁にバージョンアップされるため、常に情報のアンテナを張ることになります。長期運用を考えた場合、商用オリジナルCMSよりもアップデート対応など、保守費用が高くなることも考えられます。

機能を拡張するするための追加のプログラムは沢山ありますが、安心して運用出来るものを選ぶには専門知識が必要になります。

GoogleでのSEO効果はあるようです。

商用CMS

日本企業の為に開発されたメイドインジャパンのCMSです。
オープンソースほどの自由なカスタマイズはありませんが、日本企業に必要な機能が標準で搭載されています。
長期的に考えてバージョンアップの保証もありますので安心です。

特に、弊社のTry CMSは、お客様が楽に更新しやすいようにオプション機能も充実しております。
お客様のご希望によりカスタマイズのご要望にもお答えしております。


このページの先頭へ