かんたん更新ツール(TryCMS)

コンテンツマーケティングは、CMSをフルに使いこなすことが有効

「コンテンツマーケティングの必要性と運用に関して」ホームページ更新担当者様へコンテンツマーケティング運用にTryCMS推奨

最近、コンテンツマーケティングという言葉よく聞かれるホームページ更新担当者もおられるかと思います。日本では、最近になりますが、アメリカではかなり前から一般化されているマーケティング手法です。お客様とサービス・製品提供側のつながり方を各種行う手法です。

そして、昨今検索エンジンGoogle、Yahooで上位ランキングする意味でも、コンテンツマーケティング、今、最も重要なWebマーケティングの一つとして注目されております。 ホームページに如何に集客差を行うかは、まずは検索エンジンGoogle、Yahooで、該当のキーワードで 検索されたときに上位に表示させることです。

コンテンツマーケティングは、ホームページに来訪された方に対して、そのホームページで紹介している 製品、サービスを最もわかりやすく、説明を行い、来訪者に対して関心を持ってもらう、問い合わせをしてもらう ようにするときの、説明文や画像データ(コンテンツ)を展開すると言うことです。 フェースブックページなどでは、コンテンツを見ていただきファンになってもらい、”いいね” をしてもらう

例として、私どもホームページ制作をサービスとして、企業の場合ですと。

  • ホームページの相談を他社とは違う観点で電話相談を行っております。 相談するときは、依頼者のサービス、製品にかける思いを聞かせていただき、どう表現したらよいかを一緒に考えます。 依頼者 依頼会社の思いを共有することが、ホームページを制作するものとしての最初に行うことです。 ※ここでかならず、担当者の写真を掲載 して、他社と違う を強調したりするコンテンツ
  • 私どもがお客さんに評価してもらいたいのは、実績でも、ネットの知識でもありません(勿論これらも、豊富なのですが・・・)。 依頼者の方の事業にかける思いを、分かち合う。この点を高く、ご評価いただいています。 とにかく依頼者とのコミュニケーションを重視し、該当のキーワードを選定したりして、コンテンツ選定、作成に関してもアドバイスすることです。
  • テキスト
  • テキスト
  • 導入前に十分にCMSの機能、役割、設計をおこなわなかった

  • テキスト

このようにコンテンツマーケティングは、自社の有効な情報を見込み客や顧客に提供することにより、利益につながる行動(電話・お問合せフォーム・資料請求フォームでのアクション)を引き起こすことを目的とする。 コンテンツマーケティングは、ホームページ来訪者の関心を引き寄せ、見込み客をを向上させることが出来ます。

コンテンツマーケティングで得られるもの

  • ユーザーの囲い込み

  • 購買行動の促進

  • ブランド力の強化。

CMSはコンテンツマーケティングには、必要不可欠コンテンツマーケティングにはCMSは不可欠

コンテンツマーケティングを行うと言うことは、新たなコンテンツを定期的に、有効に更新していくことになります。これはBlogツールでもよいですが、ホームページ運営社としてはCMSが最適です。


このページの先頭へ