アクセス解析レポートサービス紹介

アクセス解析が必要な理由

どんなビジネスでも現在はインターネットの活用が不可欠となっております。企業、店舗、医院のPR ブランディング、販促にはWebサイトの活用が必要

しかし、Webサイトを作って開設しただけではすぐに成果を出すことは不可能です。

Webサイトのコンテンツを充実して価値を高め、訪問者を増やしリピータを確保するためには様々な対策が必要です。

その一つに「アクセス解析」は重要です。サイトを訪れるユーザーの動向をつかむうえで。訪問に至るまでの経路(どのようにしてサイトを探したのか)

  • 各ページ毎の閲覧数(ページビュー)
  • Webサイトの滞在時間と直帰率(来訪して他のページに遷移しないで他のサイトに行ってしまうこと)
  • ページ間遷移 どのページからどのページに行っているか)
  • 広告を行っている場所は、効果測定に有効

 

 

そんなアクセス解析を無料でしかも高度に解析できるツールがGoogleから提供されている「Google アナリティクス」です。

ホームページWebサイトの最終的な目的として「アクセスの向上」「訪問者の満足度向上」から売上アップにつながることです。そして達成するためにアクセスの状況を解析して、対策を練ることが重要です。

 

アクセス解析でわかること

 

1.    訪問者が閲覧したページ数の平均値
2.    最もアクセスがあるページ、人気ページ
3.    訪問者の滞在時間
4.    訪問回数や訪問頻度
5.    検索エンジンGoogle、Yahoo経由で訪問したユーザーの「検索キーワード」
6.    訪問者がどこのサイトを経由して訪れたか、またそのランキング

 

そもそもGoogleAnalyticsを導入するにはどうすればよいのか

GoogleのIDの取得、 アクセス解析用のトラッキングコードの設置(ホームページ内に) となりますが、

 

実際には、「GoogleAnalyticsを導入」と検索していただきますと 多くのサイトで詳細について開設されております。

 

  • 高度な解析機能としても 訪問数 ページ数 検索キーワード 訪問者の地域(都市)など基本的な解析
  • 目標ページを設定した時の到達度(コンバージョン) ※お問い合わせフォームで内容を投稿して送信した
  • リアルタイムなアクセス状況(今何人の人が訪れているか)
  • 訪問者の行動状況 トップページの次にどのページを閲覧したか、その後どのページに遷移したか? どのページ閲覧後別のWebサイトに行ってしまったか。等々
  • Googleのキーワード広告 Adwordsを行っていれば、掲載した広告の収益や集客率

 

※google Analyticsがどのサイトでも無料で利用できるかというと双ではございません。閲覧されたページビュー数が一ヶ月1,000万ページビュー
までとされております。それ以上のアクセスがあるサイトは、プレミアムアカウントで有料となる。ただし、1,000万ページビューは大手メーカー
などかなり大規模なサイトでないとと判断します。

 

また、過去の履歴は、2年間は保持してくれております。去年のデータと比較して解析することが可能です。


お問い合わせ&サンプルレポートのお申込み

件名

お名前

E-Mail


このページの先頭へ